本田圭佑、メキシコの強豪パチューカと契約

ACミランではチームの復調に貢献できず

 7月14日、サッカーのイタリア・セリエA、ACミランを昨季限りで退団していた日本代表MF本田圭佑が、メキシコの強豪パチューカに加入した。ミラノで2016年9月撮影(2017年 ロイター/Stefano Rellandini)

[14日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ACミランを昨季限りで退団していた日本代表の本田圭佑(31)が、メキシコの強豪パチューカに加入した。同クラブが14日、発表した。契約の詳細は明らかになっていない。

パチューカは2016─17年シーズンの北中米カリブ海(CONCACAF)チャンピオンズリーグの王者。本田はクラブのツイッターを介し、「パチューカと契約しました。とてもうれしいです」とスペイン語であいさつした。

本田は日本代表で通算90試合に出場し、36得点をマーク。2014年1月にCSKAモスクワ(ロシア)からACミランに移籍したが、チームの復調に貢献することはできなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。