本田圭佑、メキシコの強豪パチューカと契約

ACミランではチームの復調に貢献できず

 7月14日、サッカーのイタリア・セリエA、ACミランを昨季限りで退団していた日本代表MF本田圭佑が、メキシコの強豪パチューカに加入した。ミラノで2016年9月撮影(2017年 ロイター/Stefano Rellandini)

[14日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ACミランを昨季限りで退団していた日本代表の本田圭佑(31)が、メキシコの強豪パチューカに加入した。同クラブが14日、発表した。契約の詳細は明らかになっていない。

パチューカは2016─17年シーズンの北中米カリブ海(CONCACAF)チャンピオンズリーグの王者。本田はクラブのツイッターを介し、「パチューカと契約しました。とてもうれしいです」とスペイン語であいさつした。

本田は日本代表で通算90試合に出場し、36得点をマーク。2014年1月にCSKAモスクワ(ロシア)からACミランに移籍したが、チームの復調に貢献することはできなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT