本田圭佑、メキシコの強豪パチューカと契約

ACミランではチームの復調に貢献できず

 7月14日、サッカーのイタリア・セリエA、ACミランを昨季限りで退団していた日本代表MF本田圭佑が、メキシコの強豪パチューカに加入した。ミラノで2016年9月撮影(2017年 ロイター/Stefano Rellandini)

[14日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ACミランを昨季限りで退団していた日本代表の本田圭佑(31)が、メキシコの強豪パチューカに加入した。同クラブが14日、発表した。契約の詳細は明らかになっていない。

パチューカは2016─17年シーズンの北中米カリブ海(CONCACAF)チャンピオンズリーグの王者。本田はクラブのツイッターを介し、「パチューカと契約しました。とてもうれしいです」とスペイン語であいさつした。

本田は日本代表で通算90試合に出場し、36得点をマーク。2014年1月にCSKAモスクワ(ロシア)からACミランに移籍したが、チームの復調に貢献することはできなかった。

関連記事
トピックボードAD
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。