中国で「昼寝専用のカプセルホテル」が誕生

サラリーマン向け、料金は混雑時で30分170円

 7月11日、北京に拠点をおく新興企業が、ホワイトカラーの労働者向けに昼寝専用のカプセルホテル事業を展開している。簡単に予約ができ料金は30分単位。正午前後の混雑時は30分10元(約170円)、その他の時間帯は6元という(2017年 ロイター/Jason Lee)

[北京 11日 ロイター] - 北京に拠点をおく新興企業が、ホワイトカラーの労働者向けに昼寝専用のカプセルホテル事業を展開している。

この設備は、宇宙船の船外活動用の乗り物に似た形状の白いカプセル。利用者は、簡単に予約ができ、料金は30分単位。正午前後の混雑時は30分10元(約170円)、その他の時間帯は6元という。

この会社は、5月に北京でサービスを導入し、その後上海と成都にも展開。営業担当者は、7月末か8月初めまでに、青島、南京、深センなどの都市にも事業を拡大していくと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。