中国で「昼寝専用のカプセルホテル」が誕生

サラリーマン向け、料金は混雑時で30分170円

 7月11日、北京に拠点をおく新興企業が、ホワイトカラーの労働者向けに昼寝専用のカプセルホテル事業を展開している。簡単に予約ができ料金は30分単位。正午前後の混雑時は30分10元(約170円)、その他の時間帯は6元という(2017年 ロイター/Jason Lee)

[北京 11日 ロイター] - 北京に拠点をおく新興企業が、ホワイトカラーの労働者向けに昼寝専用のカプセルホテル事業を展開している。

この設備は、宇宙船の船外活動用の乗り物に似た形状の白いカプセル。利用者は、簡単に予約ができ、料金は30分単位。正午前後の混雑時は30分10元(約170円)、その他の時間帯は6元という。

この会社は、5月に北京でサービスを導入し、その後上海と成都にも展開。営業担当者は、7月末か8月初めまでに、青島、南京、深センなどの都市にも事業を拡大していくと述べた。

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。