ウィンブルドン選手権、錦織圭が初戦で快勝

6─2、6─2、6─0で快勝

 7月3日、テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦、第9シードの錦織圭(写真)が世界ランク102位のマルコ・チェッキナートに6─2、6─2、6─0で快勝した(2017年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 3日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕。男子シングルス1回戦では、第9シードの錦織圭が世界ランク102位のマルコ・チェッキナート(イタリア)に6─2、6─2、6─0で快勝した。

2回戦では、世界ランク122位のセルジー・スタホフスキー(ウクライナ)と対戦する。

前回王者で第1シードのアンディ・マリー(英国)、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)も勝ち上がったが、第5シードのスタン・バブリンカ(スイス)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT