ウィンブルドン選手権、錦織圭が初戦で快勝

6─2、6─2、6─0で快勝

 7月3日、テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦、第9シードの錦織圭(写真)が世界ランク102位のマルコ・チェッキナートに6─2、6─2、6─0で快勝した(2017年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 3日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕。男子シングルス1回戦では、第9シードの錦織圭が世界ランク102位のマルコ・チェッキナート(イタリア)に6─2、6─2、6─0で快勝した。

2回戦では、世界ランク122位のセルジー・スタホフスキー(ウクライナ)と対戦する。

前回王者で第1シードのアンディ・マリー(英国)、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)も勝ち上がったが、第5シードのスタン・バブリンカ(スイス)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。