ウィンブルドン選手権、錦織圭が初戦で快勝

6─2、6─2、6─0で快勝

 7月3日、テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦、第9シードの錦織圭(写真)が世界ランク102位のマルコ・チェッキナートに6─2、6─2、6─0で快勝した(2017年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 3日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕。男子シングルス1回戦では、第9シードの錦織圭が世界ランク102位のマルコ・チェッキナート(イタリア)に6─2、6─2、6─0で快勝した。

2回戦では、世界ランク122位のセルジー・スタホフスキー(ウクライナ)と対戦する。

前回王者で第1シードのアンディ・マリー(英国)、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)も勝ち上がったが、第5シードのスタン・バブリンカ(スイス)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。