北朝鮮、朴・韓国前大統領らに「死刑」宣告 

金正恩委員長の暗殺を計画していたと主張

 6月28日、北朝鮮は、最高指導者である金正恩・朝鮮労働党委員長(写真)の暗殺を2015年に計画したとして、韓国の朴槿恵・前大統領らを「死刑に処す」と発表し、韓国側に2人の身柄の引き渡しを要求した。KCNAが4月提供(2017年 ロイターKCNA/Handout via REUTERS)

[ソウル 28日 ロイター] - 北朝鮮は28日、最高指導者である金正恩・朝鮮労働党委員長の暗殺を2015年に計画したとして、韓国の朴槿恵・前大統領と李炳浩・前国家情報院(NIS)院長を「死刑に処す」と発表し、韓国側に2人の身柄の引き渡しを要求した。朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

KCNAは情報源を特定せず、朴前政権による金委員長の暗殺計画が「新たに分かった」とした。

朝日新聞は今週26日、2015年に朴大統領が北朝鮮指導者の交代を目指す計画に署名し、その計画をNISが主導していたと報じた。

NISは、金委員長暗殺計画に関する報道は「事実無根」と否定。朴前大統領と李氏の身柄引き渡し要求にはコメントしないとした。

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。