サッカー、韓国がカタールに敗れて大混戦に

ワールドカップ本大会に進めるのはどこか?

 6月13日、サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選はA組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。写真はゴールを喜ぶカタールの選手たち(2017年ロイター/Ibraheem Al Omari)

[ドーハ 13日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選は13日、A組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。

2022年W杯を開催するカタールは、残り2試合を連勝しなければプレーオフ出場の3位に入ることができない。敗退となれば出場歴を持たずにW杯を開催する最初の国になる。

また、シリアと中国の一戦は2─2の引き分けとなり、シリアが勝ち点9の4位、中国が同6の6位となった。

同20で1位のイランはすでに本大会出場を決めたが、同12で3位のウズベキスタンを含む残り5チーム全てに本大会出場の可能性が残る大混戦となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。