サッカー、韓国がカタールに敗れて大混戦に

ワールドカップ本大会に進めるのはどこか?

 6月13日、サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選はA組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。写真はゴールを喜ぶカタールの選手たち(2017年ロイター/Ibraheem Al Omari)

[ドーハ 13日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選は13日、A組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。

2022年W杯を開催するカタールは、残り2試合を連勝しなければプレーオフ出場の3位に入ることができない。敗退となれば出場歴を持たずにW杯を開催する最初の国になる。

また、シリアと中国の一戦は2─2の引き分けとなり、シリアが勝ち点9の4位、中国が同6の6位となった。

同20で1位のイランはすでに本大会出場を決めたが、同12で3位のウズベキスタンを含む残り5チーム全てに本大会出場の可能性が残る大混戦となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。