サッカー、韓国がカタールに敗れて大混戦に

ワールドカップ本大会に進めるのはどこか?

 6月13日、サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選はA組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。写真はゴールを喜ぶカタールの選手たち(2017年ロイター/Ibraheem Al Omari)

[ドーハ 13日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選は13日、A組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。

2022年W杯を開催するカタールは、残り2試合を連勝しなければプレーオフ出場の3位に入ることができない。敗退となれば出場歴を持たずにW杯を開催する最初の国になる。

また、シリアと中国の一戦は2─2の引き分けとなり、シリアが勝ち点9の4位、中国が同6の6位となった。

同20で1位のイランはすでに本大会出場を決めたが、同12で3位のウズベキスタンを含む残り5チーム全てに本大会出場の可能性が残る大混戦となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT