サッカー、韓国がカタールに敗れて大混戦に

ワールドカップ本大会に進めるのはどこか?

 6月13日、サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選はA組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。写真はゴールを喜ぶカタールの選手たち(2017年ロイター/Ibraheem Al Omari)

[ドーハ 13日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選は13日、A組の2試合を行い、韓国は敵地でカタールに2─3で敗れた。カタールは勝ち点7の5位となり、韓国は同13の2位にとどまった。

2022年W杯を開催するカタールは、残り2試合を連勝しなければプレーオフ出場の3位に入ることができない。敗退となれば出場歴を持たずにW杯を開催する最初の国になる。

また、シリアと中国の一戦は2─2の引き分けとなり、シリアが勝ち点9の4位、中国が同6の6位となった。

同20で1位のイランはすでに本大会出場を決めたが、同12で3位のウズベキスタンを含む残り5チーム全てに本大会出場の可能性が残る大混戦となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。