労働党のコービン党首はメイ首相に辞任要求

保守党は下院過半数の326議席を取れるのか

 6月9日、英国のメイ首相は、8日の総選挙を受け、英国には安定が必要だとし、保守党が第1党となる場合は安定をもたらす責任を自身が引き受ける考えを示した。ロンドンで7日撮影(2017年 ロイター/Marko Djurica)

[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のメイ首相は、8日の総選挙を受け、英国には安定が必要だとし、保守党が第1党となる場合は安定をもたらす責任を自身が引き受ける考えを示した。自身の当選が決まった後、「現在、英国が何よりも必要なのは安定した期間だ」と発言。

「予測が示す通りに保守党が最大議席とおそらく最多票を獲得する場合、われわれにはその安定期間をもたらす責務があり、そうする考えだ」と述べた。

一方、最大野党・労働党のコービン党首は、メイ首相は有権者の信頼を失ったとして、辞任すべきだと述べた。同党首は、今回の総選挙はメイ首相が基盤を強化するために解散したことに伴うものだったと指摘。

「メイ首相は与党・保守党の議席を減らし、信頼を失った。辞任の十分な理由となる」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT