労働党のコービン党首はメイ首相に辞任要求

保守党は下院過半数の326議席を取れるのか

 6月9日、英国のメイ首相は、8日の総選挙を受け、英国には安定が必要だとし、保守党が第1党となる場合は安定をもたらす責任を自身が引き受ける考えを示した。ロンドンで7日撮影(2017年 ロイター/Marko Djurica)

[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のメイ首相は、8日の総選挙を受け、英国には安定が必要だとし、保守党が第1党となる場合は安定をもたらす責任を自身が引き受ける考えを示した。自身の当選が決まった後、「現在、英国が何よりも必要なのは安定した期間だ」と発言。

「予測が示す通りに保守党が最大議席とおそらく最多票を獲得する場合、われわれにはその安定期間をもたらす責務があり、そうする考えだ」と述べた。

一方、最大野党・労働党のコービン党首は、メイ首相は有権者の信頼を失ったとして、辞任すべきだと述べた。同党首は、今回の総選挙はメイ首相が基盤を強化するために解散したことに伴うものだったと指摘。

「メイ首相は与党・保守党の議席を減らし、信頼を失った。辞任の十分な理由となる」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。