全仏オープン、錦織選手が逆転勝ちで8強入り

次戦でアンディ・マリー(英国)と対戦

 6月5日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープン男子シングルス4回戦、第8シードの錦織圭(写真)がフェルナンド・ベルダスコを0─6、6─4、6─4、6─0で下し、8強入りを果たした(2017年 ロイター/Pascal Rossignol)

[パリ 5日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは5日、パリで試合を行い、男子シングルス4回戦では第8シードの錦織圭がフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を0─6、6─4、6─4、6─0で下し、8強入りを果たした。

次戦では世界ランク1位で第1シードのアンディ・マリー(英国)と対戦する。

このほか、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)も勝ち上がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT