全仏オープン、錦織選手が逆転勝ちで8強入り

次戦でアンディ・マリー(英国)と対戦

 6月5日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープン男子シングルス4回戦、第8シードの錦織圭(写真)がフェルナンド・ベルダスコを0─6、6─4、6─4、6─0で下し、8強入りを果たした(2017年 ロイター/Pascal Rossignol)

[パリ 5日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは5日、パリで試合を行い、男子シングルス4回戦では第8シードの錦織圭がフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を0─6、6─4、6─4、6─0で下し、8強入りを果たした。

次戦では世界ランク1位で第1シードのアンディ・マリー(英国)と対戦する。

このほか、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)も勝ち上がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT