全仏オープン、錦織選手が逆転勝ちで8強入り

次戦でアンディ・マリー(英国)と対戦

 6月5日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープン男子シングルス4回戦、第8シードの錦織圭(写真)がフェルナンド・ベルダスコを0─6、6─4、6─4、6─0で下し、8強入りを果たした(2017年 ロイター/Pascal Rossignol)

[パリ 5日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは5日、パリで試合を行い、男子シングルス4回戦では第8シードの錦織圭がフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を0─6、6─4、6─4、6─0で下し、8強入りを果たした。

次戦では世界ランク1位で第1シードのアンディ・マリー(英国)と対戦する。

このほか、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)も勝ち上がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。