セリーナ選手、妊娠6カ月でも練習を継続

元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績

 6月3日、女子テニスの元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績を持つセ リーナ・ウィリアムズ(左)は、妊娠6カ月でも練習を継続しているという。ニュー ヨークで5月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[パリ 3日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績を持つセリーナ・ウィリアムズ(35、米国)は、妊娠6カ月でも練習を継続しているという。長年のコーチが3日、ロイターに明かした。

2012年のウィンブルドン選手権からセリーナを指導してきたパトリック・ムラトグルー・コーチは、同選手が練習を継続中だとコメント。「感触を失いたくないと言っていた。動きはゆっくりだったが、ボールを打ちたがった」と述べた。

女子テニスではキム・クライシュテルス(ベルギー)らが出産後に四大大会シングルスで優勝した例はあるが、31歳を過ぎてから優勝した例はない。それでもムラトグルー氏は、「セリーナはまだグランドスラムで勝てる力があると感じており、やめたいとは思っていない」と教え子の様子を語った。

セリーナは現在パリに滞在。全仏オープンに出場中の姉ビーナスに観客席から声援を送っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。