セリーナ選手、妊娠6カ月でも練習を継続

元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績

 6月3日、女子テニスの元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績を持つセ リーナ・ウィリアムズ(左)は、妊娠6カ月でも練習を継続しているという。ニュー ヨークで5月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[パリ 3日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績を持つセリーナ・ウィリアムズ(35、米国)は、妊娠6カ月でも練習を継続しているという。長年のコーチが3日、ロイターに明かした。

2012年のウィンブルドン選手権からセリーナを指導してきたパトリック・ムラトグルー・コーチは、同選手が練習を継続中だとコメント。「感触を失いたくないと言っていた。動きはゆっくりだったが、ボールを打ちたがった」と述べた。

女子テニスではキム・クライシュテルス(ベルギー)らが出産後に四大大会シングルスで優勝した例はあるが、31歳を過ぎてから優勝した例はない。それでもムラトグルー氏は、「セリーナはまだグランドスラムで勝てる力があると感じており、やめたいとは思っていない」と教え子の様子を語った。

セリーナは現在パリに滞在。全仏オープンに出場中の姉ビーナスに観客席から声援を送っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。