セリーナ選手、妊娠6カ月でも練習を継続

元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績

 6月3日、女子テニスの元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績を持つセ リーナ・ウィリアムズ(左)は、妊娠6カ月でも練習を継続しているという。ニュー ヨークで5月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[パリ 3日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク1位で四大大会優勝23回の実績を持つセリーナ・ウィリアムズ(35、米国)は、妊娠6カ月でも練習を継続しているという。長年のコーチが3日、ロイターに明かした。

2012年のウィンブルドン選手権からセリーナを指導してきたパトリック・ムラトグルー・コーチは、同選手が練習を継続中だとコメント。「感触を失いたくないと言っていた。動きはゆっくりだったが、ボールを打ちたがった」と述べた。

女子テニスではキム・クライシュテルス(ベルギー)らが出産後に四大大会シングルスで優勝した例はあるが、31歳を過ぎてから優勝した例はない。それでもムラトグルー氏は、「セリーナはまだグランドスラムで勝てる力があると感じており、やめたいとは思っていない」と教え子の様子を語った。

セリーナは現在パリに滞在。全仏オープンに出場中の姉ビーナスに観客席から声援を送っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT