金が1カ月ぶり高値、英国など欧州政局を意識

リスク回避で一時1トロイオンス1270ドル台

FILE PHOTO: Gold bars are seen at the Czech National Bank in Prague, Czech Republic April 16, 2013. REUTERS/Petr Josek/File Photo

[30日 ロイター] - 30日のアジア取引で金相場は小幅上昇し、約1カ月ぶり高値を付けた。欧州の政治情勢を巡る緊張からリスク回避が先行した。

0349GMT(日本時間午後零時49分)現在、金現物<XAU=>は0.1%高の1オンス=1267.70ドル。一時は5月1日以来の高値となる1270.47ドルを付けた。

ニューヨ-ク金先物<GCcv1>はほぼ横ばいの1267.70ドル。

OANDAのシニアマーケットアナリスト、ジェフリー・ハレー氏は、投票間近の英総選挙を巡るリスクやイタリア総選挙前倒しの可能性、ギリシャ債務を巡る懸念が金相場を支えていると指摘した。

英総選挙を来週に控え、30日に公表された世論調査ではメイ首相率いる保守党の野党・労働党に対するリードが6ポイントに縮小。

イタリアでは、民主党党首のレンツィ前首相が総選挙はドイツと同時期の9月下旬の実施が妥当との見解を示すなど、前倒し選挙の可能性が高まっている。

ギリシャを巡っては、前週のユーロ圏財務相会合で同国への追加融資や同国の債務軽減について国際通貨基金(IMF)との間で合意に達することができなかった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT