金が1カ月ぶり高値、英国など欧州政局を意識

リスク回避で一時1トロイオンス1270ドル台

FILE PHOTO: Gold bars are seen at the Czech National Bank in Prague, Czech Republic April 16, 2013. REUTERS/Petr Josek/File Photo

[30日 ロイター] - 30日のアジア取引で金相場は小幅上昇し、約1カ月ぶり高値を付けた。欧州の政治情勢を巡る緊張からリスク回避が先行した。

0349GMT(日本時間午後零時49分)現在、金現物<XAU=>は0.1%高の1オンス=1267.70ドル。一時は5月1日以来の高値となる1270.47ドルを付けた。

ニューヨ-ク金先物<GCcv1>はほぼ横ばいの1267.70ドル。

OANDAのシニアマーケットアナリスト、ジェフリー・ハレー氏は、投票間近の英総選挙を巡るリスクやイタリア総選挙前倒しの可能性、ギリシャ債務を巡る懸念が金相場を支えていると指摘した。

英総選挙を来週に控え、30日に公表された世論調査ではメイ首相率いる保守党の野党・労働党に対するリードが6ポイントに縮小。

イタリアでは、民主党党首のレンツィ前首相が総選挙はドイツと同時期の9月下旬の実施が妥当との見解を示すなど、前倒し選挙の可能性が高まっている。

ギリシャを巡っては、前週のユーロ圏財務相会合で同国への追加融資や同国の債務軽減について国際通貨基金(IMF)との間で合意に達することができなかった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT