金が1カ月ぶり高値、英国など欧州政局を意識

リスク回避で一時1トロイオンス1270ドル台

FILE PHOTO: Gold bars are seen at the Czech National Bank in Prague, Czech Republic April 16, 2013. REUTERS/Petr Josek/File Photo

[30日 ロイター] - 30日のアジア取引で金相場は小幅上昇し、約1カ月ぶり高値を付けた。欧州の政治情勢を巡る緊張からリスク回避が先行した。

0349GMT(日本時間午後零時49分)現在、金現物<XAU=>は0.1%高の1オンス=1267.70ドル。一時は5月1日以来の高値となる1270.47ドルを付けた。

ニューヨ-ク金先物<GCcv1>はほぼ横ばいの1267.70ドル。

OANDAのシニアマーケットアナリスト、ジェフリー・ハレー氏は、投票間近の英総選挙を巡るリスクやイタリア総選挙前倒しの可能性、ギリシャ債務を巡る懸念が金相場を支えていると指摘した。

英総選挙を来週に控え、30日に公表された世論調査ではメイ首相率いる保守党の野党・労働党に対するリードが6ポイントに縮小。

イタリアでは、民主党党首のレンツィ前首相が総選挙はドイツと同時期の9月下旬の実施が妥当との見解を示すなど、前倒し選挙の可能性が高まっている。

ギリシャを巡っては、前週のユーロ圏財務相会合で同国への追加融資や同国の債務軽減について国際通貨基金(IMF)との間で合意に達することができなかった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT