ベルギー王室がバーガーキングに抗議のワケ

国王イラストを広告に使用

 5月29日、ファストフードチェーンの米バーガーキングが、ベルギーでの広告にフィリップ国王のイラストを使ったとして、王室から抗議を受けた。2016年10月撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ブリュッセル 29日 ロイター] - ファストフードチェーンの米バーガーキングが、ベルギーでの広告にフィリップ国王のイラストを使ったとして、王室から抗議を受けた。

この「いたずら」広告は、同社を象徴するハンバーガーのイラストと国王のイラストを載せ、「2人のキング。王冠は1つだけ。統治すべきなのはどちらか」と閲覧者に投票を求めるもの。国王をクリックしても、「本気ですか。国王はフライドポテトを料理してはくれませんよ」などと立て続けにメッセージが表示され、バーガーキングへ投票するよう仕向けられる。

王室のデュボワ報道官はロイターに対し「バーガーキングには、宣伝活動に国王の肖像を使用することに対し不満の意を表明した」と説明。王族の肖像を商業目的で使用することはできないと述べた。バーガーキング側は、広告を修正するかどうか検討中だという。

ベルギーでは1950年に、フィリップ国王の祖父にあたる当時のレオポルド3世のナチス統治時代の役割を踏まえ、復帰の是非を問う本物の国民投票が実施されたことがある。レオポルド3世は復帰後、国民からの反対に遭い、息子(後のボードゥアン1世。フィリップ国王の伯父)への譲位を余儀なくされた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT