ベルギー王室がバーガーキングに抗議のワケ

国王イラストを広告に使用

 5月29日、ファストフードチェーンの米バーガーキングが、ベルギーでの広告にフィリップ国王のイラストを使ったとして、王室から抗議を受けた。2016年10月撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ブリュッセル 29日 ロイター] - ファストフードチェーンの米バーガーキングが、ベルギーでの広告にフィリップ国王のイラストを使ったとして、王室から抗議を受けた。

この「いたずら」広告は、同社を象徴するハンバーガーのイラストと国王のイラストを載せ、「2人のキング。王冠は1つだけ。統治すべきなのはどちらか」と閲覧者に投票を求めるもの。国王をクリックしても、「本気ですか。国王はフライドポテトを料理してはくれませんよ」などと立て続けにメッセージが表示され、バーガーキングへ投票するよう仕向けられる。

王室のデュボワ報道官はロイターに対し「バーガーキングには、宣伝活動に国王の肖像を使用することに対し不満の意を表明した」と説明。王族の肖像を商業目的で使用することはできないと述べた。バーガーキング側は、広告を修正するかどうか検討中だという。

ベルギーでは1950年に、フィリップ国王の祖父にあたる当時のレオポルド3世のナチス統治時代の役割を踏まえ、復帰の是非を問う本物の国民投票が実施されたことがある。レオポルド3世は復帰後、国民からの反対に遭い、息子(後のボードゥアン1世。フィリップ国王の伯父)への譲位を余儀なくされた。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。