どうなる?「J・ビーバー」の英コンサート

中止求めるファンの投稿相次ぐ

 5月23日、アリアナ・グランデの英コンサート会場での爆破事件を受け、カナダ出身の人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバー(23)のファンから、近く予定される英国でのコンサートを中止するよう求める投稿が相次いだ。写真は昨年12月ニューヨークで撮影(2017年 ロイター/Andrew Kelly)

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - 米歌手アリアナ・グランデの英コンサート会場での爆破事件を受け、カナダ出身の人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバー(23)のファンから、近く予定される英国でのコンサートを中止するよう求めるネットへの投稿が相次いだ。

ビーバーは、7月にロンドンのハイド・パークで野外コンサートを予定している。ビーバーのマネージャー、スクーター・ブラウン氏のインスタグラムのアカウントには、ファンから「英国でのコンサートはどうぞ中止して。無事でいてもらいたいから」などとの書き込みが相次いだ。

また、アイルランドに住むあるファンは、来月のダブリンでのコンサートチケットを持っているが、爆発事件を受けて、それらを売ろうかと考えているという。「私たちにも起きるかもしれなかったと考えると恐ろしい」と話した。

今後のコンサート予定についてのロイターからの質問に、ビーバーの代理人からの答えは得られていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。