新型「MINIクロスオーバー」は何が変わったか

居住性も向上、何にでも使える万能な車だ

 

先代でも人気が高かったMINIのSUVモデル、クロスオーバーの新型に試乗した。ボディはひとまわり大きくなり居住性も向上。出来のよいディーゼル・エンジンとともに、走りの質感も高いクルマに仕上がっている。

エンジンラインナップはディーゼルのみ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

豊富なラインナップを敷くMINIのなかでも、ひときわ注目を集めてきたのがSUVでもあるMINI クロスオーバーだ。2017年初春に新型が日本でも発表され、今回試乗する機会を得た。注目に値するのは、日本ではガソリン・エンジンがラインナップから外れたこと。当面はディーゼルがメインで、夏前にプラグイン・ハイブリッドが加わる予定だ。

「従来モデルではディーゼル車が約9割を占めていたため」。輸入元のBMWジャパンの広報担当者は、新型の布陣の背景をそう説明する。たしかにBMWの新世代ディーゼル・エンジンはとてもよく出来ている。力がたっぷりあって燃費もよくて静か。

では新型MINI クロスオーバーに試乗した印象を記す前に、ざっくりこのクルマの特徴を紹介しよう。

次ページ新型クロスオーバーの魅力
関連記事
トピックボードAD
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • フランスから日本を語る
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。