トヨタ自動車、今期の営業利益予想は約2割減

2年連続の減収減益、想定為替レートは105円 

 5月10日、トヨタ自動車は、2018年3月期(今期)の連結営業利益(米国会計基準)が前期比19.8%減の1兆6000億円になる見通しと発表した。写真の同社ロゴはスイス・ジュネーブで行われた第87回国際モーターショーで撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[東京 10日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は10日、2018年3月期(今期)の連結業績予想(米国会計基準)について2年連続で減収減益となる見通しを発表した。世界販売計画はほぼ横ばい。例年並みの原価改善効果を見込むが、原材料価格の上昇が響くほか、労務費や研究開発費、競争が激化する北米での販売費用の増加が利益を圧迫する。

今期の売上高は前期比0.4%減の27兆5000億円、純利益は同18.1%減の1兆5000億円を見込む。営業利益予想は同19.8%減の1兆6000億円で、トムソン・ロイターが集計したアナリスト25人の予測平均値2兆3190億円を大きく下回る。

「最大限の挽回に努めたい」

豊田章男社長は会見で、2年連続の減収減益は「スポーツの世界で言えば連敗になる」と指摘。投資家の期待を裏切らないよう、前期での教訓を今期につなげるとの考えを示した。

永田理副社長も、今期予想は「大変厳しい数字。これが等身大の実力だと思うと悔しい。これでは絶対いけないと思っている。収益向上のための施策を強力に推進し、最大限の挽回に努めたい」と述べた。また、「作る人も売る人もお金をもっと賢く使うように徹底したい」と話し、他社の取り組みや製品などを勉強して「(トヨタが)まだまだやれることはある」と語った。

今期の想定為替レートは1ドル=105円(前期は108円)、1ユーロ=115円(同119円)。前期に比べて想定為替レートを円高に設定した影響で1100億円、北米で販売奨励金(インセンティブ)や広告宣伝費を増やすなどの販売面での影響で2450億円、それぞれ営業利益を押し下げる。

次ページ米国は競争激化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT