今のマーケットは、「ゲリラ相場」だ

堅調と思ったら突然急落、これでは相場についていけない

グローバルダイニングは、景気の指標銘柄になりそう

【7月31日(水)】午前3時、日経225先物9月限は、160円安の1万3730円で引けた。外食のグローバルダイニング(7625)が朝から買い気配。昨日引け後に発表された業績予想の修正が材料となっている。2013年12月期通期予想は、純利益2億8300万円から5億2800万円へ修正した。4ブランドのブラッシュアップを実施し、売り上げが上がったそうだ。このお店は若干価格帯が高いので、デフレ解消、景気回復のアベノミクス効果の恩恵を受ける企業。

この企業の売り上げを見ていれば、景気の指標のひとつになるのではないかな。本日終値50円ストップ高の236円。日経平均は、201円安の1万3668円と昨日の208円高を帳消しにしてしまった。月足はたったの9円安であるが陰線となり、月足は3カ月続落。

【8月1日(木)】昨日50円ストップ高したグローバルダイニングを、250円で500株売り注文を出していたが、9時39分、80円ストップ高で寄り付き316円で500株売れた。買いは6月17日に182円で500株。6万6685円の利益確定。73.6%の上昇となった。ここまで上がるとは思っていなかったが、こんなに上がるなら1万株くらい買っておいてもよかったな。大引けでは251円の15円高と安値引け。日経平均は、337円高の1万4005円と大幅高。

今日からさかいとジー・ネットワークスの株式が、ジー・テイストとなって売れるようになったが、64円の6円安と下落。存続企業のジー・テイストの株価ではなく、消滅会社のさかいとジー・ネットワークスの取引最終日の理論株価にサヤ寄せしてしまったようだ。

【8月2日(金)】NYダウは、128ドル高の1万5628ドルとまたまた史上最高値更新してきた。日経平均も460円高の1万4466円と大幅続伸した。
【8月3日(土)】午前3時、日経225先物9月限は、120円安の1万4360円と反落した。まったくアップダウンが激しい相場展開で、なかなかついて行けない。うまくやれば大きく儲けられそうな相場でもあるけど、そろそろ相場も夏休みかな?
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT