今のマーケットは、「ゲリラ相場」だ

堅調と思ったら突然急落、これでは相場についていけない

6月7日にデイトレで20万ドル取引して23万0010円の利益確定をしているが、このときはキャンペーンの存在を知らず、iPhoneから注文をしていたのに、専用FXアプリから注文しなかったので、キャンペーンの対象となる取引とはなっていなかった。普通、キャンペーンをクリアしようとチャンズでもないのに無理して取引すると、キャンペーンでもらえる分以上にやられて、本末転倒となってしまうことが多いのだが、今回はうまく行った。

DCMホールディングス(3050)の株主優待品が届いた。内容は自社PB(プライベートブランド)商品2000円相当(カップで育てるハーブ、フェイスタオル2枚組、シングルふとん用圧縮袋M2枚入、ハブラシ3本組、湿気とり500ml3個パック、キッチンスポンジソフト3個組、クリアブックA4 20Pの以上7点セット)。昨年までの優待は、いろいろと選べたのだが、株主優待の本来の意味である会社のことをよく知る意味では、自社PB商品もいいかな。6月の貿易赤字1808億円に急減、円安効果で輸出増。もう少し円安が進めば、貿易赤字解消で黒字に転換できるかも。

【7月26日(金)】9時13分、共立印刷を248円で2800株買い、計4万株。さかい(7622)、ジー・ネットワークス(7474)の最終売買日。終値は、さかい136円+1、ジー・ネットワークス137円+2であったが、8月1日から株式交換され存続会社となるジー・テイスト(2694)は、71円変わらず。交換比率は、ジー・テイスト:ジー・ネットワークス:さかい=1:2:2。日経平均は432円安の1万4129円と3日続落で大幅安。参議院選挙も終わり、材料出尽くしか?

天気と同じような「ゲリラ相場」に、当惑するばかり

【7月29日(月)】日経平均は、468円安の1万3661円と4日続落。たった4営業日で日経平均は1117円も下落してしまった。特に円高ということでもなく、ここまで下がるような悪材料も見当たらない。このところ天気も不安定で、朝、晴れていたかと思うと昼過ぎに暗雲が出てきて、突然、雷と大雨が降って来たが、株式市場もまさにこの天気のような展開。16時30分、1ドル=98.00円、0.28円円高。

【7月30日(火)】NYダウは、36ドル安の1万5521ドル。午前3時、日経225先物9月限は、80円安の1万3520円で引け、下げ止まらない感じ。6月完全失業率は3.9%と4年8カ月ぶりに3%台に低下で前月に比べ、0.2%低下したそうだ。アベノミクス効果が出てきたのだろうか。日経平均は208円高の1万3869円と5日ぶりに反発した。

次ページ相場は下げ止まり、でいいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT