大型連休明けの日経平均は大幅続伸で始まる

好材料揃い取引時間中の年初来高値を更新

 5月8日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比263円31銭高の1万9709円01銭と大幅続伸。取引時間中の年初来高値を更新し、2015年12月18日以来の高値水準を付けている。東京証券取引所で2015年12月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比263円31銭高の1万9709円01銭と大幅続伸。取引時間中の年初来高値を更新し、2015年12月18日以来の高値水準を付けている。

5日に発表された4月米雇用統計が良好な内容で米株高、円安が進行。フランス大統領選の決選投票では事前の予想通り、中道系独立候補のマクロン氏が勝利するなど好材料が揃い、幅広い銘柄に買いが先行している。東証業種別指数では33業種がすべて値上がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。