大型連休明けの日経平均は大幅続伸で始まる

好材料揃い取引時間中の年初来高値を更新

 5月8日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比263円31銭高の1万9709円01銭と大幅続伸。取引時間中の年初来高値を更新し、2015年12月18日以来の高値水準を付けている。東京証券取引所で2015年12月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比263円31銭高の1万9709円01銭と大幅続伸。取引時間中の年初来高値を更新し、2015年12月18日以来の高値水準を付けている。

5日に発表された4月米雇用統計が良好な内容で米株高、円安が進行。フランス大統領選の決選投票では事前の予想通り、中道系独立候補のマクロン氏が勝利するなど好材料が揃い、幅広い銘柄に買いが先行している。東証業種別指数では33業種がすべて値上がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。