大型連休明けの日経平均は大幅続伸で始まる

好材料揃い取引時間中の年初来高値を更新

 5月8日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比263円31銭高の1万9709円01銭と大幅続伸。取引時間中の年初来高値を更新し、2015年12月18日以来の高値水準を付けている。東京証券取引所で2015年12月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比263円31銭高の1万9709円01銭と大幅続伸。取引時間中の年初来高値を更新し、2015年12月18日以来の高値水準を付けている。

5日に発表された4月米雇用統計が良好な内容で米株高、円安が進行。フランス大統領選の決選投票では事前の予想通り、中道系独立候補のマクロン氏が勝利するなど好材料が揃い、幅広い銘柄に買いが先行している。東証業種別指数では33業種がすべて値上がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT