東証1部企業の18年3月期、純利益20%増予想

みずほ証券が金融除く190社集計、4月末時点

 5月1日、みずほ証券が4月28日までに集計した3月期決算集計(金融除く)によると、東証1部上場企業190社の2018年3月期純利益予想の合計は前年比20.3%増となった。

[東京 1日 ロイター] - みずほ証券が4月28日までに集計した3月期決算集計(金融除く)によると、東証1部上場企業190社の2018年3月期純利益予想の合計は前年比20.3%増となった。経常利益ベースでは67.9%の企業が増益を予想している。発表進捗率は14.6%(時価総額ベースで17.5%)。

業種別では鉄鋼、電気・ガス、精密機器、倉庫・運輸、素材の増益率が高い。海運は黒字転換の予想となっている。半面、証券・商品、医薬品、金属製品、非鉄金属、銀行などが減益予想となっている。17年3月期業績は、ここまで全体の77.9%の企業の経常利益が従来の会社予想を上振れて着地した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT