日本とはかなり違うフランスの「家飲み」事情

何が避けては通れない「話題」なのか

ただし、サッカーの話は別です。親友が絶交してしまうこともしばしばあります。

お酒と食べ物は何が出てくる?

ソワレでの料理は、生ハムやサラミなどのフィンガーフードに始まり、その後は、サラダ、メイン(料理好きなホストの場合はお魚とお肉の両方)、チーズ、デザート、カフェといった流れになります。

お酒はアペリティフ(食前酒)から始まります。男性は少しこだわったベルギービール、女性はフルーティなカクテルが人気ですが、ここブルゴーニュでは何と言ってもクレマンドブルゴーニュ! これは、ブルゴーニュで生産されるスパークリングワインで、近年では高品質化が著しいです。

そこから白ワイン(暖かくなるとロゼワインも人気です)、赤ワインへと移り延々と飲み続けます。ワインは、数本を開けてデギュスタシオン(テイスティング)したのち、自分の好きなものをグラスに注ぐ場合が多いです。

これまで参加したソワレを振り返ると、なんだかんだとワインは1人ボトル1本くらい消費しているように思いますが、お酒は基本的に自分で注ぎます。そのため、自分の限界を超えて酔っ払ってしまう人は見たことありません。

次ページお酒は自分のペースで飲む
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT