SNSに殺人映像を投稿した容疑者が銃で自殺

ペンシルベニア州警察が追跡している最中に

 4月18日、米東部ペンシルベニア州の警察当局は、オハイオ州クリーブランドで見ず知らずの男性を射殺し、その動画を交流サイトの「フェイスブック」に投稿した男が自殺したと発表した。写真は逃亡者が警察に追撃された後、が銃で自殺した現場からその車を移動させる様子(2017年 ロイター/Alan Freed)

[エリー(米ペンシルベニア州)18日 ロイター] - 米東部ペンシルベニア州の警察当局は18日、オハイオ州クリーブランドで見ず知らずの男性を射殺し、その動画を交流サイトの「フェイスブック」に投稿した男が自殺したと発表した。

この男は、スティーブ・スティーブンズ容疑者。16日に歩道でロバート・ゴッドウィンさん(74)を射殺した後、車で逃走した。ペンシルベニア州の警察が18日、市民からの目撃情報で容疑者を同州エリー郡で発見、追跡中に容疑者は自殺したという。

同容疑者は16日、フェイスブックに投稿した別の映像の中で、今までに10数人を殺害したと語っていた。クリーブランドの当局者によると、容疑者に前科はなく、その他の殺人に関する容疑もないという。

この事件を受け、フェイスブック<FB.O>のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は18日、この事件の様な投稿を防ぐため、全力を尽くすと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT