日経平均は3日続落、円高と地政学リスク重荷

125円安、後場は下げ幅を縮小して終了

 4月13日、東京株式市場で日経平均は3日続落。終値での年初来安値を更新し、昨年12月6日以来の安値で引けた。写真は東京証券取引所で2012年6月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 13日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日続落。終値での年初来安値を更新し、昨年12月6日以来の安値で引けた。トランプ米大統領のドル高けん制発言を受けドル安/円高が進行したことに加え、北朝鮮情勢など地政学リスクもくすぶり相場の重荷となった。欧米主要市場が明日から3連休となることから海外勢の換金売りが優勢だったものの、売り一巡後は短期筋の買い戻しも入った。後場は下げ幅を縮小させる展開だった。

トランプ大統領は12日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで「ドルが強くなり過ぎている」と述べた。これを受け米10年債利回り<US10YT=RR>が低下、ドル/円<JPY=>は約5カ月ぶりに108円台を付けた。

朝方からトヨタ<7203.T>、三菱UFJ<8306.T>などの主力大型株が年初来安値を更新し、投資家心理を悪化させた。

15日の金日成主席生誕105周年を控え、北朝鮮情勢への警戒感も続いている。「後場は下げ幅を縮小させたが、新規買いは少なく、目先筋の買い戻しが中心だろう。金融イベントと異なり地政学リスクは出口が見えず、先行き不透明感が残る」(カブドットコム証券投資ストラテジストの河合達憲氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、石川製作所<6208.T>、東京計器<7721.T>、豊和工業<6203.T>などの中小型防衛関連株が軟調。連日マネーゲーム的に上値を追っていた反動から利益確定売りに押された。

半面、良品計画<7453.T>は小じっかり。同社は12日、2018年2月期の連結営業利益が前年比10.5%増の423億円になるとの見通しを発表した。前向きな株主還元策も評価され、朝方大幅高となったが、引けにかけて伸び悩んだ。

東証1部騰落数は、値上がり543銘柄に対し、値下がりが1374銘柄、変わらずが98銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      18426.84 -125.77

寄り付き    18391.72

安値/高値   18304.72─18455.25

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1468.31 -11.23

寄り付き     1465.97

安値/高値    1459─1471.1

 

東証出来高(万株) 195868

東証売買代金(億円) 22590.13

 

 

(河口浩一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT