振り込め詐欺は「男のプライド」で深刻化する

犯人は「相談する」恥ずかしさを逆手に取る

男性の場合、「誰かに相談するのは恥ずかしい」という気持ちによって、振り込め詐欺の被害をくいとめるチャンスを逃してしまいます(写真:xiangtao / PIXTA)
これだけ多くのニュースになっているにもかかわらず、なぜ「振り込め詐欺」の被害はあとを絶たないのでしょうか。
詐欺・悪徳商法対策の第一人者で、『マンガでわかる! 高齢者詐欺対策マニュアル』の著者である西田公昭氏は、長年”なぜ、人はカンタンにだまされてしまうのか”という視点から被害者の心理を研究してきました。
いったい、どのような手口があるのでしょうか。そして、実際に電話がかかってきたときに備えて、日頃からどのような対策を取る必要があるのでしょうか。わかりやすいマンガとあわせてお届けします。

定年退職後の一郎さんがだまされた手口

次ページ「社債を買いませんか?」
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。