振り込め詐欺は「男のプライド」で深刻化する

犯人は「相談する」恥ずかしさを逆手に取る

男性の場合、「誰かに相談するのは恥ずかしい」という気持ちによって、振り込め詐欺の被害をくいとめるチャンスを逃してしまいます(写真:xiangtao / PIXTA)
これだけ多くのニュースになっているにもかかわらず、なぜ「振り込め詐欺」の被害はあとを絶たないのでしょうか。
詐欺・悪徳商法対策の第一人者で、『マンガでわかる! 高齢者詐欺対策マニュアル』の著者である西田公昭氏は、長年”なぜ、人はカンタンにだまされてしまうのか”という視点から被害者の心理を研究してきました。
いったい、どのような手口があるのでしょうか。そして、実際に電話がかかってきたときに備えて、日頃からどのような対策を取る必要があるのでしょうか。わかりやすいマンガとあわせてお届けします。

定年退職後の一郎さんがだまされた手口

次ページ「社債を買いませんか?」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。