振り込め詐欺は「男のプライド」で深刻化する

犯人は「相談する」恥ずかしさを逆手に取る

男性の場合、「誰かに相談するのは恥ずかしい」という気持ちによって、振り込め詐欺の被害をくいとめるチャンスを逃してしまいます(写真:xiangtao / PIXTA)
これだけ多くのニュースになっているにもかかわらず、なぜ「振り込め詐欺」の被害はあとを絶たないのでしょうか。
詐欺・悪徳商法対策の第一人者で、『マンガでわかる! 高齢者詐欺対策マニュアル』の著者である西田公昭氏は、長年”なぜ、人はカンタンにだまされてしまうのか”という視点から被害者の心理を研究してきました。
いったい、どのような手口があるのでしょうか。そして、実際に電話がかかってきたときに備えて、日頃からどのような対策を取る必要があるのでしょうか。わかりやすいマンガとあわせてお届けします。

定年退職後の一郎さんがだまされた手口

次ページ「社債を買いませんか?」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。