コロンビア、洪水の死者が少なくとも210人に

南西部モコアで大規模な洪水が発生

 4月2日、コロンビア南西部モコアで1日早朝、大規模な洪水が発生した。サントス大統領によると、210人が死亡し、203人が負傷。写真は洪水のあと、チェーンソーを持って川の中を歩く救助隊。コロンビアのモコアで撮影(2017年 ロイター/Jaime Saldarriaga)

[モコア(コロンビア) 2日 ロイター] - コロンビア南西部モコアで1日早朝、大規模な洪水が発生した。サントス大統領によると、210人が死亡し、203人が負傷。軍は1日の時点で、死者数を254人、負傷者数を400人と発表していた。

下流のビリャガルソンの町では、消防隊員らが82人の遺体を収容したが、まだ多くの遺体ががれきに埋まっているという。

サントス大統領は2日、前日に続いて現地を視察。できるだけ早期に水道・電気・ガスを復旧させると述べた。

災害当局者らによると、緊急避難所には600人が集まっているという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT