韓国SKハイニックス、東芝半導体入札に応札

90億ドル以上の価格提示、現地紙が伝える

 3月29日、韓国のSKハイニックスが率いるコンソーシアムが、東芝の半導体メモリー事業売却の入札に90億ドル以上の価格を提示したもようだ。写真はSKハイニックスのロゴ。城南市で昨年4月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国のSKハイニックス<000660.KS>が率いるコンソーシアムが、東芝<6502.T>の半導体メモリー事業売却の入札に90億ドル以上の価格を提示したもようだ。現地紙Maeil Business Newspaperが29日、関係筋の話として報じた。

SKハイニックスからのコメントは得られていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。