韓国SKハイニックス、東芝半導体入札に応札

90億ドル以上の価格提示、現地紙が伝える

 3月29日、韓国のSKハイニックスが率いるコンソーシアムが、東芝の半導体メモリー事業売却の入札に90億ドル以上の価格を提示したもようだ。写真はSKハイニックスのロゴ。城南市で昨年4月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国のSKハイニックス<000660.KS>が率いるコンソーシアムが、東芝<6502.T>の半導体メモリー事業売却の入札に90億ドル以上の価格を提示したもようだ。現地紙Maeil Business Newspaperが29日、関係筋の話として報じた。

SKハイニックスからのコメントは得られていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。