寄り付きの日経平均は300円超安、円高を嫌気

米株大幅下落でリスク回避の売りが先行

 3月22日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比309円26銭安の1万9146円62銭となり、大幅続落して始まった。写真は都内の株価ボード、2016年4月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比309円26銭安の1万9146円62銭となり、大幅続落して始まった。

米トランプ政権の経済対策が迅速に進まないのではないかとの懸念で米国株が急落。為替も1ドル111円台後半と円高が進んでおり、リスク回避の売りが先行している。

東証33業種全てが下落する全面安。米国市場で金融株が下落した流れを引き継ぎ、保険、銀行、証券の下落率が大きい。自動車、電機など主力輸出株も軟調で、トヨタ<7203.T>、ホンダ<7267.T>、パナソニック<6752.T>は2%超安となっている。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?