フェイスブック、自殺防止に人工知能を活用

自殺傾向のあるユーザーを特定

 3月1日、交流サイト最大手の米フェイスブックは、ユーザーの自殺を防止するため、人口知能(AI)を新たに利用し、既存の自殺防止ツールやサービスを改善する計画だとブログで明らかにした。写真はボルドーで昨年3月撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

[1日 ロイター] - 交流サイト最大手の米フェイスブック<FB.O>は1日、ユーザーの自殺を防止するため、人口知能(AI)を新たに利用し、既存の自殺防止ツールやサービスを改善する計画だとブログで明らかにした。

既存の自殺防止ツールとライブ動画配信の「フェイスブックライブ」、メッセンジャーサービスを統合し、自殺傾向のあるユーザーの特定に人工知能を役立てるという。

米紙ニューヨーク・ポストによると、米フロリダ州で1月、14歳の少女が自殺をフェイスブックライブで生中継した。

フェイスブックによると、動画を見たユーザーが自殺しようとしている本人に直接連絡したり、フェイスブックに報告できるよう自殺防止ツールをアップデートするという。

フェイスブックは、攻撃的な動画投稿を監視するため、すでにAIを導入している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT