U2「アクトン・ベイビー」収録曲に盗作疑惑

「ザ・フライ」は盗作?英ローズ氏が訴訟提起

 2月28日、アイルランド出身の人気ロックバンド「U2」が27日、1991年の大ヒットアルバム「アクトン・ベイビー」に収録された「ザ・フライ」は盗作だとして米マンハッタンの裁判所に訴えられた。写真は昨年9月撮影(2017年 ロイター/Steve Marcus)

[28日 ロイター] - アイルランド出身の人気ロックバンド「U2」が27日、1991年の大ヒットアルバム「アクトン・ベイビー」に収録された「ザ・フライ」は盗作だとして米マンハッタンの裁判所に訴えられた。

訴えたのは、英国のソングライター兼ギタリストのポール・ローズ氏。U2のメンバーとアイランド・レコードに対し、少なくとも500万ドル(約5億7000万円)の賠償を求めている。

訴状によると、ローズ氏は1989年に自身の曲「Nae Slappin」のデモテープをレコード会社に渡した。この年、同社はU2と契約。ギターのソロなど「特徴的な要素」を「Nae Slappin」から取って「ザ・フライ」は作られたとしている。

ローズ氏は、一般リスナーはこの2曲が「かなり似ている」ことに容易に気付くとし、「あまりにも似ている」ため、U2自身が「ザ・フライ」を作ったとは思わないだろうと述べた。

U2の代理人やレコード会社は28日、コメントの求めに応じていない。ローズ氏が、なぜ25年以上も訴訟を待ったのかは不明。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT