あのオバマ氏がフランス大統領候補に?

「どの候補にも入れたくない」と署名4万人

 2月26日、大統領選挙の第一回投票を4月に控えたフランスで、パリに住む4人の友人グループが、オバマ前米大統領に出馬を要請する運動を開始した。現在のどの候補にも投票したくない、というフラストレーションを示すのが目的だという。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[パリ 26日 ロイター] - 大統領選挙の第一回投票を4月に控えたフランスで、パリに住む4人の友人グループが、オバマ前米大統領に出馬を要請する運動を開始した。現在のどの候補にも投票したくない、というフラストレーションを示すのが目的だという。

パリの街角に貼られた数百枚のポスターには、オバマ氏の顔と「イエス、ウィーキャン」を意味するフランス語が書かれている。

匿名の4人は「オバマ氏を担ぎ出そうというアイデアは、ビールを飲みながらの議論で出てきた。信用できる候補に賛成票を投じるのではなく、ここ何年も反対票を投じてきた。もうたくさんだ」と話す。

運動を開始して1週間足らずで4万人もの署名が集まった。4人は、3月15日までに100万人の署名を集めてオバマ氏に出馬を要請したいというが、フランスの法律で大統領はフランス国民であることが義務付けられており、オバマ氏立候補の可能性はない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT