中国、2人目出産に「祝い金」などの補助金検討

2016年の中国「出生数」は178万6000人

 2月28日、中国政府が2人目の子どもを産んだ世帯に祝い金や補助金を導入することを検討していると、人民日報が報じた。当局の調査によると、経済的な制約から60%の世帯が子どもを増やすことに消極的になっているという。写真は北京で2015年11月撮影(2017年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[上海 28日 ロイター] - 中国政府が2人目の子どもを産んだ世帯に祝い金や補助金を導入することを検討していると、人民日報が報じた。当局の調査によると、経済的な制約から60%の世帯が子どもを増やすことに消極的になっているという。

同紙によると、国家衛生計画出産委員会の王培安副主任が25日の会合で明らかにした。

2016年の中国出生数は178万6000人で、2000年以降で最多となった。政府は15年、高齢人口を支えるコストを巡る懸念を受け、すべての世帯に2人目の出産を認めていた。

王副主任は会合で、各家庭が2人目の子どもを持つことは望ましいが、経済力が決断を鈍らせる要因になっていると指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。