中国、2人目出産に「祝い金」などの補助金検討

2016年の中国「出生数」は178万6000人

 2月28日、中国政府が2人目の子どもを産んだ世帯に祝い金や補助金を導入することを検討していると、人民日報が報じた。当局の調査によると、経済的な制約から60%の世帯が子どもを増やすことに消極的になっているという。写真は北京で2015年11月撮影(2017年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[上海 28日 ロイター] - 中国政府が2人目の子どもを産んだ世帯に祝い金や補助金を導入することを検討していると、人民日報が報じた。当局の調査によると、経済的な制約から60%の世帯が子どもを増やすことに消極的になっているという。

同紙によると、国家衛生計画出産委員会の王培安副主任が25日の会合で明らかにした。

2016年の中国出生数は178万6000人で、2000年以降で最多となった。政府は15年、高齢人口を支えるコストを巡る懸念を受け、すべての世帯に2人目の出産を認めていた。

王副主任は会合で、各家庭が2人目の子どもを持つことは望ましいが、経済力が決断を鈍らせる要因になっていると指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT