中国、2人目出産に「祝い金」などの補助金検討

2016年の中国「出生数」は178万6000人

 2月28日、中国政府が2人目の子どもを産んだ世帯に祝い金や補助金を導入することを検討していると、人民日報が報じた。当局の調査によると、経済的な制約から60%の世帯が子どもを増やすことに消極的になっているという。写真は北京で2015年11月撮影(2017年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[上海 28日 ロイター] - 中国政府が2人目の子どもを産んだ世帯に祝い金や補助金を導入することを検討していると、人民日報が報じた。当局の調査によると、経済的な制約から60%の世帯が子どもを増やすことに消極的になっているという。

同紙によると、国家衛生計画出産委員会の王培安副主任が25日の会合で明らかにした。

2016年の中国出生数は178万6000人で、2000年以降で最多となった。政府は15年、高齢人口を支えるコストを巡る懸念を受け、すべての世帯に2人目の出産を認めていた。

王副主任は会合で、各家庭が2人目の子どもを持つことは望ましいが、経済力が決断を鈍らせる要因になっていると指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT