革新的!話題の最新炊飯器を比較してみた

バーミキュラとバルミューダに注目

今話題の炊飯器をご紹介します
家電なんてどれも同じでしょ、なんて思っている人、多いかもしれません。確かに基本性能が似たものが増え、大きな変化は少なくなりました。しかし、そんななか、常識を覆す、革新的機能を備えた家電が続々と登場しています。それらを「プログレ家電」と名づけ、気鋭のモデルをピックアップ。ご紹介します。

独自の技術で米の美味しさを追求した炊飯器の新潮流!

「プログレ家電」のなかでも特に注目すべきは、なんといっても炊飯器。今、炊飯器に新しい潮流が訪れています。それを最初に形にしたのが、国産鍋ブランドとして多くのファンを持つ、バーミキュラです。

昨年12月に発売開始した、鋳物ホーロー鍋とポットヒーターを組み合わせた『バーミキュラ ライスポット』は、炊飯器なのにあえて保温機能は搭載せず、ガス炊きと同等の美味しさを実現しました。炊飯モードのほか、調理モードを搭載し、無水調理鍋としても使用できます。

また、トースターで大ブームを起こしたバルミューダも同社初となる炊飯器を発表し、炊飯器市場に参入。独自の蒸し炊き方式を採用することで、一般的な炊飯器とは異なる食感を実現しました。そこで、今最も話題の2大炊飯器、「バーミキュラ」と「バルミューダ」の炊飯機能を徹底比較してみました。

次ページ「バーミキュラ」&「バルミューダ」で食卓が変わる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。