東芝のNAND事業、3月に1次入札を実施へ

5月めど最終絞り込み

 2月21日、東芝はNAND事業分社化に伴う株式の売却について、募集条件を2月末までに候補企業に提示し、3月中に1次入札を実施、5月をめどに最終的に絞り込む計画を固めた。関係筋が明らかにした。写真は1月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 東芝<6502.T>は、NAND事業分社化に伴う株式の売却について、募集条件を2月末までに候補企業に提示し、3月中に1次入札を実施、5月をめどに最終的に絞り込む計画を固めた。関係筋が21日、明らかにした。

売却完了には、各国の独占禁止法の審査を経る必要がある。ただ、東芝は2017年度中の早い時期の売却完了を目指す。売却する株式の規模は5割超とし、1兆円超の資金を得たい考え。東芝はNAND事業の事業価値を1.5兆円超と試算している。

現在、募集条件の詰めの作業を急いでおり、売り出す株式の上限や、雇用維持などの条件を詰めている。

3月末の臨時株主総会は予定通り開催し、NAND事業分社化を決議した上で、3月31日付で実施する予定だった分社化は4月以降に遅らせる。

(布施太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT