マドンナさん、マラウイから双子を養子に

裁判所が承認

 2月7日、米歌手マドンナさん(58)が、アフリカ南部マラウイで新たに双子を養子に迎えた。現地裁判所が養子縁組を承認したもので、裁判所の報道官によると、承認が言い渡された際マドンナさんは裁判所内にいた。写真は昨年9月ロンドンで撮影(2017年 ロイター/Neil Hall)

[リロングウェ 7日 ロイター] - 米歌手マドンナさん(58)が、アフリカ南部マラウイで新たに双子を養子に迎えた。現地裁判所が7日、養子縁組を承認したもので、裁判所の報道官によると、承認が言い渡された際マドンナさんは裁判所内にいた。

マラウイから既に子ども2人を養子にしているマドンナさんだが、養子縁組を巡っては、非居住者との養子縁組を禁じた法律に違反しているとの批判もあった。

マドンナさんの弁護士は、「長年にわたるマラウイと子どもたちに対する愛情」をマドンナさんが示したため、養子縁組が認められたと語った。今後、双子の居住条件を示す報告書を提出する必要があるという。双子の詳細については、法律で禁じられているとして公表を控えた。

マドンナさんは2人の実子に加え、マラウイから2006年と09年にそれぞれ養子に迎えている。2006年にマラウイの医療や教育を支援する慈善団体「レイジング・マラウイ(Raising Malawi)を設立し、学校や小児科施設に当たっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT