マドンナさん、マラウイから双子を養子に

裁判所が承認

 2月7日、米歌手マドンナさん(58)が、アフリカ南部マラウイで新たに双子を養子に迎えた。現地裁判所が養子縁組を承認したもので、裁判所の報道官によると、承認が言い渡された際マドンナさんは裁判所内にいた。写真は昨年9月ロンドンで撮影(2017年 ロイター/Neil Hall)

[リロングウェ 7日 ロイター] - 米歌手マドンナさん(58)が、アフリカ南部マラウイで新たに双子を養子に迎えた。現地裁判所が7日、養子縁組を承認したもので、裁判所の報道官によると、承認が言い渡された際マドンナさんは裁判所内にいた。

マラウイから既に子ども2人を養子にしているマドンナさんだが、養子縁組を巡っては、非居住者との養子縁組を禁じた法律に違反しているとの批判もあった。

マドンナさんの弁護士は、「長年にわたるマラウイと子どもたちに対する愛情」をマドンナさんが示したため、養子縁組が認められたと語った。今後、双子の居住条件を示す報告書を提出する必要があるという。双子の詳細については、法律で禁じられているとして公表を控えた。

マドンナさんは2人の実子に加え、マラウイから2006年と09年にそれぞれ養子に迎えている。2006年にマラウイの医療や教育を支援する慈善団体「レイジング・マラウイ(Raising Malawi)を設立し、学校や小児科施設に当たっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。