マドンナさん、マラウイから双子を養子に

裁判所が承認

 2月7日、米歌手マドンナさん(58)が、アフリカ南部マラウイで新たに双子を養子に迎えた。現地裁判所が養子縁組を承認したもので、裁判所の報道官によると、承認が言い渡された際マドンナさんは裁判所内にいた。写真は昨年9月ロンドンで撮影(2017年 ロイター/Neil Hall)

[リロングウェ 7日 ロイター] - 米歌手マドンナさん(58)が、アフリカ南部マラウイで新たに双子を養子に迎えた。現地裁判所が7日、養子縁組を承認したもので、裁判所の報道官によると、承認が言い渡された際マドンナさんは裁判所内にいた。

マラウイから既に子ども2人を養子にしているマドンナさんだが、養子縁組を巡っては、非居住者との養子縁組を禁じた法律に違反しているとの批判もあった。

マドンナさんの弁護士は、「長年にわたるマラウイと子どもたちに対する愛情」をマドンナさんが示したため、養子縁組が認められたと語った。今後、双子の居住条件を示す報告書を提出する必要があるという。双子の詳細については、法律で禁じられているとして公表を控えた。

マドンナさんは2人の実子に加え、マラウイから2006年と09年にそれぞれ養子に迎えている。2006年にマラウイの医療や教育を支援する慈善団体「レイジング・マラウイ(Raising Malawi)を設立し、学校や小児科施設に当たっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT