スズキの4-12月期営業益は前年比14.4%増

インドや欧州が好調、通期予想は据え置き

 2月6日、スズキは、2016年4─12月期の連結営業利益が前年同期比14.4%増の1673億円になったと発表した。インドや欧州での四輪車の販売増加が貢献し、同期として過去最高を更新した。写真のロゴは2015年11月、第44回東京モーター・ショーで撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - スズキ<7269.T>は6日、2016年4─12月期の連結営業利益が前年同期比14.4%増の1673億円になったと発表した。インドや欧州での四輪車の販売増加が貢献し、同期として過去最高を更新した。

売上高は同4.4%減の2兆2519億円、当期利益は30.4%増の1333億円だった。

2017年3月期通期の業績予想は、今後の為替見通しが不透明として据え置いた。連結営業利益の従来予想は前期比2.4%増の2000億円。

トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト21人の今期営業利益の予測平均値は2123億円となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。