駐車場業界は「シェア」の破壊力で激変する

パーク24に迫るakippaの戦略

駐車場ビジネスに、ある種の革命が起きている(撮影:今井康一)
個人や組織が所有する資産を一部貸し出す形で他人と共有し、その対価を受け取るシェアリングエコノミー。ITを駆使し、これまでのビジネスの常識ではありえないほど小単位、不規則なサービスを提供できるシェアサービスは、低価格と利便性から「産業革命の一種」とも言われている。『経済がわかる 論点50 2017』(みずほ総合研究所著)の執筆者の1人である岡田豊氏に、「シェア」が既存のビジネスや業界に与えるインパクトを、駐車場業界を例に解説してもらう。

 

現在、日本の駐車場ビジネスでトップを走っているのはパーク24である。コインパーキングというビジネスモデルを掲げ、狭くて使いづらい空間を駐車場に活用することで、全国に提携駐車場を抱えている。

このトップ企業に対し、シェアリングエコノミーを活用して真っ向から勝負を挑んでいるのがakippaである。元Jリーガーという異色の社長でも知られる同社は、全国の空いている月極や個人の駐車場を簡単にシェアできるサービスで、これまでの駐車場ビジネスにある種の革命を起こしている。

トヨタも注目する駐車場のシェアリングエコノミー

『経済がわかる 論点50 2017』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

akippaは、スマホを中心としたインターネットを活用し、主にイベント会場や観光地周辺で不足する駐車場を斡旋するサービスで成長している。

空きスペースで駐車場ビジネスを展開する際、既存のサービスを利用するならおおむねコインメーターを設置することになるが、インターネットによるクレジットカード決済のakippaならコインメーターが不要となる。またコインメーターがいらないなら、空きスペースを駐車場専用にしなくても済み、普段の利用に支障をきたすことなく、空いている日時だけ貸すことが可能になっている。その結果、駐車場を提供するのは個人だけでなく、企業も少なくない。イベントや観光シーズンで駐車場不足になるのは土日や祝日がメインであるが、こうした日に営業していない企業が多いからだ。

次ページトヨタ車に搭載されるナビサービスでは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。