地味なパーク24が過去最高益を更新するワケ

コイン駐車場「タイムズ24」が快走中

コインパーキング「タイムズ24」に加え、新事業のカーシェアとレンタカーが育っている(記者撮影)

街角にあるコインパーキング。ニッチな駐車場ビジネスが今、その存在感を増している。

駐車場大手のパーク24が5月31日に発表した今2016年10月期第2四半期決算は、営業利益が前年同期比20.2%増の95.3億円と、期初の会社予想を4.3億円上回って過去最高を更新した。会社側は通期予想を売上高1920億円、営業利益212億円で据え置いている。だが、実際には上振れそうで、2期連続の最高純益更新、連続増配となりそうだ。

カーシェア事業も成長期入り

主力の駐車場事業は、着実に運営件数を伸ばしている。「タイムズ24」の名でコイン式の時間貸し駐車場を展開するパーク24は、この分野の先駆者だ。その運営ノウハウには定評がある。期初49.9万台の駐車場運営台数は、今期3.2万台の純増を計画している。

第2の主力であるカーシェア事業「タイムズカープラス」も今後期待される分野だ。同社の西川光一社長は「カーシェアがやっと本格的な収益事業に育った」と胸をなで下ろす。

2009年7月から本格参入したカーシェア事業だが、実は当初、鳴かず飛ばずの状況が続いていた。全く新しいサービスだけに、その利点や使い方をイチから客に説明しなければならず、認知度はなかなか上がらなかった。車両の配備にも先行投資がかさみ、2013年10月期まで赤字が続いた。

次ページターニングポイントは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。