グーグル、衛星画像事業「テラベラ」を売却

新興企業プラネット・ラボに

 2月3日、米アルファベット傘下のグーグルは、衛星画像事業のテラベラをプラネット・ラボに売却すると発表した。写真はドイツのハンブルクで昨年7月撮影(2017年 ロイター/Morris Mac Matzen)

[3日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは3日、衛星画像事業のテラベラをプラネット・ラボに売却すると発表した。売却額などは明らかにしていない。

グーグルは同事業の売却後、プラネット・ラボから衛星画像データを購入する複数年契約を交わす。

グーグルは2014年、当時スカイボックス・イメージングと知られていた同事業を5億ドルで買収した。

新興企業のプラネット・ラボは、従来より小型で低価格の人工衛星を使った事業を手掛けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT