グーグル、衛星画像事業「テラベラ」を売却

新興企業プラネット・ラボに

 2月3日、米アルファベット傘下のグーグルは、衛星画像事業のテラベラをプラネット・ラボに売却すると発表した。写真はドイツのハンブルクで昨年7月撮影(2017年 ロイター/Morris Mac Matzen)

[3日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは3日、衛星画像事業のテラベラをプラネット・ラボに売却すると発表した。売却額などは明らかにしていない。

グーグルは同事業の売却後、プラネット・ラボから衛星画像データを購入する複数年契約を交わす。

グーグルは2014年、当時スカイボックス・イメージングと知られていた同事業を5億ドルで買収した。

新興企業のプラネット・ラボは、従来より小型で低価格の人工衛星を使った事業を手掛けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。