トランプ米大統領、「通貨押し下げ」を示唆

ドル急落で112円台前半、市場は過敏に反応

 1月31日、ドルが急落した。写真はトランプ米大統領(左)ら。ホワイトハウスで同日撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 米ニューヨーク午前中盤の外為市場で、ドルが主要通貨に対し急落した。トランプ米大統領や同氏の通商顧問による為替をめぐる発言が材料視されている。

トランプ大統領は製薬大手首脳との会談で、製薬会社は他国による通貨切り下げを受けて、生産を国外に移したと述べた。

これに先立ち、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、トランプ氏が新設した「国家通商会議」の責任者であるピーター・ナバロ氏が、ドイツは「過小評価が著しい」ユーロを利用することで有利な立場を得ているとの見解を示したと報道。ユーロが急上昇した。

市場では、相次ぐ発言を受けて、トランプ米政権がドル相場の押し下げを狙っているとの見方が広がった。

ドル/円<JPY=>は1.5%近く急落、昨年11月30日以来の安値となる112.07円に沈んだ。ユーロ/ドル<EUR=>は1%高の1.0801ドルと、昨年12月8日以来の高値をつけた。

クレディ・アグリコルの為替ストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「市場は引き続きトランプ大統領、および米政権当局者によるドル高けん制のレトリックに反応している」と話した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT