カリフォルニア州の「独立」、3人に1人が支持

全米平均より遥かに高い独立願望

 1月23日、ロイター/イプソスがカリフォルニア州の住民500人を対象に昨年12月6日から今年1月19日にかけて実施した調査によると、同州の米国からの独立を支持するとの回答が全体の32%を占めた。写真はトランプ氏。ワシントンで昨年10月撮影(2017年 ロイター/Carlo Allegri)

[サクラメント(米カリフォルニア州) 23日 ロイター] - ロイター/イプソスがカリフォルニア州の住民500人を対象に昨年12月6日から今年1月19日にかけて実施した調査によると、同州の米国からの独立を支持するとの回答が全体の32%を占めた。トランプ氏が米大統領選で勝利したことを受け、独立の支持率は2014年に実施した前回調査の20%から大きく上昇した。

調査は全米では1万4000人強を対象に行い、自分の州の米国からの独立を支持するとの回答は22%と、14年時点の24%から低下した。カリフォルニア州の独立支持率は全米平均より遥かに高い。

調査に回答したスティーブン・ミラーさん(70歳、サクラメント在住の退職者)は同州の独立について「実現しそうだとは思わないが、状況がひどく悪化すれば、ひとつの選択肢にはなり得る」と述べた。

トランプ氏は選挙運動期間中、不法移民の取り締まり強化やイスラム教徒の登録制、米医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃を打ち出したほか、女性に侮辱的と受け止められる発言が相次ぎ、民主党支持者の多いカリフォルニア州で反感が広がった。

民主党の政治コンサルタント、スティーブ・マビリオ氏は「トランプ氏に対する反感は非常に強く、多数の市民が闘うよりも米国から離脱する方が賢明だと考えている」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。