ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

1位と3位に新刊本が登場

今週は、トップ3のうち2冊が初登場だった(写真:knori / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、1月15日から21日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(1月15~21日)のランキングでは、初登場の『0でも億万長者 非常識な3つの稼ぎ方』(アイバス出版)がトップに輝いた。借金1700万円から貯蓄1億円へと大逆転を果たした筆者の坂本好隆氏が、独自の「稼ぐ力」を紹介しているという。

同じく初登場ながら3位につけたのが、宝田圭一氏の『地域でいちばんピカピカなホテル』(あさ出版)だ。「あいさつ、掃除、電話」に徹底的にこだわった結果、廃業寸前から復活を果たしたホテルの取り組みを紹介している。

次ページ以降、200位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。