ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

1位と3位に新刊本が登場

今週は、トップ3のうち2冊が初登場だった(写真:knori / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、1月15日から21日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(1月15~21日)のランキングでは、初登場の『0でも億万長者 非常識な3つの稼ぎ方』(アイバス出版)がトップに輝いた。借金1700万円から貯蓄1億円へと大逆転を果たした筆者の坂本好隆氏が、独自の「稼ぐ力」を紹介しているという。

同じく初登場ながら3位につけたのが、宝田圭一氏の『地域でいちばんピカピカなホテル』(あさ出版)だ。「あいさつ、掃除、電話」に徹底的にこだわった結果、廃業寸前から復活を果たしたホテルの取り組みを紹介している。

次ページ以降、200位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT