購読料1万ドル!新メディア「AXIOS」の狙い

創業者が語るビジネスプランとは?

新興メディア「アクシオス(AXIOS)」がローンチした(写真:編集部)

この年末年始、アメリカで話題となっている新興メディア「アクシオス(AXIOS)」が、1月18日(米時間)にローンチした。

米政治メディア「ポリティコ(Politico)」の共同創業者として知られるジム・バンデヘイ氏が、ベンチャーキャピタルから資金調達して、新たに立ち上げたビジネス情報サイト「アクシオス」。昨年11月に開催されたrecodeのイベントにおける、同氏のこれまでの常識をくつがえす発言が、大きな注目を浴びた。

いずれ購読料を、1万ドル(約110万円)に

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

その内容は、いずれ「アクシオス」の購読料を、1万ドル(約110万円)にするというもの。ローンチ時はフリーミアムモデルで運営するが、2~3年後には購読料50%、広告収入50%でまかなう予定だという。

ギリシャ語で「価値がある」という意味をもつ「アクシオス」。もうひとつのポイントは、短文で記事を構成することだ。上述のイベントでバンデヘイ氏は、「ジャーナリストはジャーナリストのために書いている。これはメディアの最大の問題だ」と述べ、「人々は私たちが書いている作品を望んでいない」と付け加えた。

米DIGIDAYは今回、バンデヘイ氏と彼の長年の同僚で「ポリティコ」の財務部門トップを10年近く勤めたロイ・シュウォーツ氏を招き、広告主に販売する予定のネイティブアド形式、動画の計画、サイトのパーソナライズ、そして先日の大統領選期間中に実施した実験からパブリッシャーが何を学べるのかを聞いた。

回答の一部は短く編集している。

次ページ「アクシオス」にはどんなことが生かされているのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT