鴻海、米国にシャープとの新工場建設を検討

液晶パネル工場を70億ドル規模で

 1月22日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長(写真)は22日、米国での液晶パネル工場建設を検討していると明らかにした。2016年9月撮影(2017年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 22日 ロイター] - 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の郭台銘董事長は22日、米国での液晶パネル工場建設を検討していると明らかにした。投資額は70億ドルを超える規模になるという。

郭氏は、買収したシャープ<6753.T>と共に工場建設を行う予定だとし、投資状況などさまざまな要因によって計画が決まると語った。

郭氏によると、米工場建設は長年検討してきたという。ただ、同社の提携先であるソフトバンクグループの孫正義氏が昨年12月、米大統領選に勝利したトランプ氏と会談し、米国への500億ドル規模の投資を行うと表明。この際、ホンハイによる70億ドルの投資に関する情報を明らかにしてしまったという。

この会談前に孫氏と協議した郭氏は、これについて「プライベートな話だと思っていたが、翌朝には公表されていた。工場計画はあるが、約束ではない。希望だ」と述べた。

ホンハイはペンシルバニア州に既に現地法人を置いている。郭氏は米国では土地、電力、インフラなどの投資条件を重視していると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。