鴻海、米国にシャープとの新工場建設を検討

液晶パネル工場を70億ドル規模で

 1月22日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長(写真)は22日、米国での液晶パネル工場建設を検討していると明らかにした。2016年9月撮影(2017年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 22日 ロイター] - 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の郭台銘董事長は22日、米国での液晶パネル工場建設を検討していると明らかにした。投資額は70億ドルを超える規模になるという。

郭氏は、買収したシャープ<6753.T>と共に工場建設を行う予定だとし、投資状況などさまざまな要因によって計画が決まると語った。

郭氏によると、米工場建設は長年検討してきたという。ただ、同社の提携先であるソフトバンクグループの孫正義氏が昨年12月、米大統領選に勝利したトランプ氏と会談し、米国への500億ドル規模の投資を行うと表明。この際、ホンハイによる70億ドルの投資に関する情報を明らかにしてしまったという。

この会談前に孫氏と協議した郭氏は、これについて「プライベートな話だと思っていたが、翌朝には公表されていた。工場計画はあるが、約束ではない。希望だ」と述べた。

ホンハイはペンシルバニア州に既に現地法人を置いている。郭氏は米国では土地、電力、インフラなどの投資条件を重視していると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。