「MRJ」初号機の納入が、またもや延期に

納期の延期は5回目、2020年半ばに

 1月20日、三菱重工業の子会社が開発を進めている国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」について、2018年半ばを予定していた航空会社への初号機の納入時期が最大で20年半ばに延期される見通しとなった。納期の延期は5回目。見本市で訪問客がポスターの写真を撮る様子。都内で昨年10月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 三菱重工業<7011.T>の子会社が開発を進めている国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」について、2018年半ばを予定していた航空会社への初号機の納入時期が最大で20年半ばに延期される見通しとなった。納期の延期は5回目。同社の宮永俊一社長が23日に会見して正式に発表する。

MRJは三菱重子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を手掛けており、初号機はANAホールディングス<9202.T>へ引き渡されることになっている。複数の関係筋によると、主要部品に不具合が起きる恐れがあり、設計変更が必要になったため納入が遅れるという。

MRJは現在、当局による機体の安全性能の証明で商用運航に必要な「型式証明」の取得に向けて米国で飛行試験を実施しているが、設計変更により、型式証明の取得も予定から遅れる見通し。

MRJの事業化を決定した08年当時は13年にANAへ引き渡す予定だったが、納期の延期は今回で5度目となる。昨年11月には三菱重の宮永社長を委員長とする「MRJ事業推進委員会」を設置し、グループ一丸となって開発を急いでいる。

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT