不登校が治る「コンプリメント」とは何なのか

この本は20代の自分に読ませたかった

子育てを他人任せにすることはできない(写真:evgenyatamanenko / PIXTA)

昔から、休み明けは学校に行きたくないもの、と相場は決まっていた。大人だって、きっと大して変わらないだろう。読みさしの本があれば最後まで読みたいし、クライマックスのゲームはさっさとクリアしてしまいたいものだ。でも「不登校」ときくと、途端にドキドキしてしまう。それが、悪いことだと教えこまされてきたからだ。

増加傾向にある不登校に、力強い主張

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

ここ数年、不登校は増加傾向にあると報道されている。議論百出だが、解決策はなかなか見つからない。先日もフリースクールを義務教育として認めようという議論がなされたが、法制度の変更には至らなかった。一方で、本書『コンプリメントで不登校は治り、子育ての悩みは解決する』の主張は力強い。「親の力で子どもの心に自信の水を満たせば、不登校は治る」と断言しているのである。

しかも、その主張は実証研究に基づいている。教育現場で読まれる雑誌『教育技術』の編集長の薦めでまとめられたというから、その信頼性は高い。前著『不登校は99%解決する』の読者レビューは300件以上あがっており、驚くほど高い評価を得ている。ぜひのぞいてみてほしい。その前著から5年。本書にこめた著者の思いはどこにあるのだろうか。

子育ては親の役目です。子育てを他人任せにすることはできないのです。本書は、前著をベースに、この5年間の実証研究で深めたコンプリメントトレーニングの知識や技術をまとめました。是非ともこれを活用して、コンプリメントを子育てに用いてほしいのです。 ~ 本書「プロローグ」より
次ページ生々しい手記の数々
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT