ブリスベン国際、錦織圭は決勝で敗れる

今季開幕戦での初優勝を逃す

 1月8日、テニスのブリスベン国際は、オーストラリアのブリスベンで男子シングルス決勝を行い、世界ランキング5位で第3シードの錦織圭(写真)は同17位で第7シードのグリゴル・ディミトロフに2─6、6─2、3─6で敗れ、今季開幕戦での初優勝を逃した(2017年 ロイター/Steve Holland)

[8日 ロイター] - テニスのブリスベン国際は8日、オーストラリアのブリスベンで男子シングルス決勝を行い、世界ランキング5位で第3シードの錦織圭は同17位で第7シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に2─6、6─2、3─6で敗れ、今季開幕戦での初優勝を逃した。

錦織は第1セットの第1ゲームと第3ゲームでブレークポイントを迎えたものの、ディミトロフにキープされると、逆にブレークを許して4ゲームを連取された。第2セットでは2度のブレークに成功し、イーブンに戻した。

錦織は最終セット前にメディカルタイムアウトを取ったが、その後はディミトロフに流れが戻った。

錦織は「ここでは6年目を迎え、初めて決勝に進んだ。今週は非常にいい週になっている」とコメントした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。