ブリスベン国際、錦織圭は決勝で敗れる

今季開幕戦での初優勝を逃す

 1月8日、テニスのブリスベン国際は、オーストラリアのブリスベンで男子シングルス決勝を行い、世界ランキング5位で第3シードの錦織圭(写真)は同17位で第7シードのグリゴル・ディミトロフに2─6、6─2、3─6で敗れ、今季開幕戦での初優勝を逃した(2017年 ロイター/Steve Holland)

[8日 ロイター] - テニスのブリスベン国際は8日、オーストラリアのブリスベンで男子シングルス決勝を行い、世界ランキング5位で第3シードの錦織圭は同17位で第7シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に2─6、6─2、3─6で敗れ、今季開幕戦での初優勝を逃した。

錦織は第1セットの第1ゲームと第3ゲームでブレークポイントを迎えたものの、ディミトロフにキープされると、逆にブレークを許して4ゲームを連取された。第2セットでは2度のブレークに成功し、イーブンに戻した。

錦織は最終セット前にメディカルタイムアウトを取ったが、その後はディミトロフに流れが戻った。

錦織は「ここでは6年目を迎え、初めて決勝に進んだ。今週は非常にいい週になっている」とコメントした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT