ヒトラー「わが闘争」、出版元も驚く売れ行き 

昨年1月にドイツで再出版、8万5000部に

 1月3日、ナチス・ドイツ指導者アドルフ・ヒトラーの著作「わが闘争」の販売部数が、昨年1月にドイツで再出版されて以来、8万5000部となった。写真は2016年1月撮影(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[ベルリン 3日 ロイター] - ナチス・ドイツ指導者アドルフ・ヒトラーの著作「わが闘争」の販売部数が、昨年1月にドイツで再出版されて以来、8万5000部となった。ドイツの出版元、現代史研究所が明らかにした。

「わが闘争」は、著作権が2015年末に失効した後、解説や約3500の注釈を付けて、第2次世界大戦後初めて再出版された。

現代史研究所の代表は、これほど多くの部数が売れるとは「誰も実際に予想できなかった」と独DPA通信に述べた。

「わが闘争」は、1933年にヒトラーが首相になって以降、大ベストセラーとなり、1945年までに1200万部が販売され、これまでに18カ国に翻訳されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。