ヒトラー「わが闘争」、出版元も驚く売れ行き 

昨年1月にドイツで再出版、8万5000部に

 1月3日、ナチス・ドイツ指導者アドルフ・ヒトラーの著作「わが闘争」の販売部数が、昨年1月にドイツで再出版されて以来、8万5000部となった。写真は2016年1月撮影(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[ベルリン 3日 ロイター] - ナチス・ドイツ指導者アドルフ・ヒトラーの著作「わが闘争」の販売部数が、昨年1月にドイツで再出版されて以来、8万5000部となった。ドイツの出版元、現代史研究所が明らかにした。

「わが闘争」は、著作権が2015年末に失効した後、解説や約3500の注釈を付けて、第2次世界大戦後初めて再出版された。

現代史研究所の代表は、これほど多くの部数が売れるとは「誰も実際に予想できなかった」と独DPA通信に述べた。

「わが闘争」は、1933年にヒトラーが首相になって以降、大ベストセラーとなり、1945年までに1200万部が販売され、これまでに18カ国に翻訳されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT