「告白は男からすべし」は女の願望に過ぎない

自分からアタックできる男は3割に満たない

とはいえ、動物的にただ交わるのでは品がないと、その前に結婚式をすることになりました。結婚式といっても、シンプルなものです。神聖な柱の前に2人で背を合わせて立ち、柱の周りをイザナギは左から、イザナミは右から周り、出会ったところで告白をしようと決めました。しかし、いざとなると、イザナギは緊張からなのか、照れなのか言葉が出ません。じれたイザナミは、代わりに先に声を発してしまいます。

あなにやし、えをとこを(まあ、なんていい男だこと)」

そう言われて、イザナギも返します。

あなにやし、えをとめを(おお、なんていい女なんだ)」

これが日本最初のプロポーズの言葉で、告白をしたのは女性の方なんです。晴れて結婚した2人は、無事合体しました。ところが、そうして生まれた子どもはヒルのような子どもでした。再度挑戦するも今度は泡のような子どもが生まれてしまいます。要するに、未熟児だったわけです。

どうしてちゃんとした子どもが生まれないのか?困り果てたイザナギとイザナミは、天界の神様に相談しに行きます。その時の神様の助言を現代風に言うとこうなります。

「もしかして、ナミちゃんのほうから告白したんじゃね?それじゃダメだよ。告白は男のナギくんからちゃんと言わなきゃ」

そうして、二人は再度イザナギの方から声をかける告白シーンを律儀にやり直しました。すると今度は、無事にちゃんとした子どもが生まれます。それが最初の国土である今の淡路島ということなんだとか。

つまり『古事記』の段階から、「日本男児は自分から告白ができなかった」のです。実は、これはわざわざ「告白は男がすべき」と『古事記』に明記しなければいけないくらい、古代より女性の方が積極的だったという証拠かもしれません。だからこそ、「女から告白するとよいことにならない」という警告の形にもなっているのでしょう。

男から告白したから、結婚につながるわけではない

ただ、男から告白すべきという意識を持つことが、必ずしもその後に実を結ぶとは限らないようです。私も2016年に「男が告白すべき」という意識について調査をしたのですが、それによると「付き合う前に男から告白すべきだ」という問いに対して、結婚しない男である「ソロ男」に分類される20~30代男性は、なんと67%が「そう思う」と回答しています。一方、既婚の20~30代男性は、わずか39%にすぎません。つまり、「告白なんかどうでもいい」と考えている男たちの方が、20代から結婚しているわけです。

これは、ソロ男の方が既婚男性と比べて、常識や規範というものに縛られる傾向が強いからです。意外に思われるかもしれませんが、白黒付けたがるソロ男の方が、生き方としては窮屈なのです。だからこそ、ソロ男は「男が告白すべき」という見えざるプレッシャーに支配されすぎて、結果「面倒くさい」→「告白しない」→「結婚しない」という道筋を進んでしまうということかもしれません。もしくは、「男からすべき」論に固執しすぎて、女性からの告白を受容できないのかも知れません。だとすると、やはりソロ男は相当に面倒くさい男たちです。

いずれにせよ、「告白は男がすべき」というルールは、国際的にも歴史的にも、どこか無理があり、自然ではないということです。

告白などという形にとらわれず、また、女性たちもそれを「男の当然の義務」として押し付けないでいた方が、結果として結婚できているのではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT