「スピアーズさん死亡!」、偽ツイートの衝撃

ソニー・ミュージックが「乗っ取り」被害に

 12月26日、ソニー・ミュージックエンタテインメントのツイッターアカウントが一時乗っ取られ、所属する歌手のブリトニー・スピアーズ(写真)さんが死亡したとの偽のツイートが流された。ロサンゼルスで行われたコンサートで、2日撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - ソニー・ミュージックエンタテインメントのツイッターアカウントが26日、一時乗っ取られ、所属する歌手のブリトニー・スピアーズさんが死亡したとの偽のツイートが流された。

ソニー・ミュージックは声明で、ソーシャル・メディア・アカウントが不正にアクセスされたが現在は回復したと説明し、「スピアーズさんとファンにを混乱させたことを謝罪する」とした。

同社の広報担当者はそれ以上のコメントを控えた。ツイッターはコメントの要請に応えていない。

ビルボード誌によると、「アワマイン」と名乗るグループが一部の偽ツイートを発信したことを認めた。

ソニー<6758.T>グループでは映画部門のソニー・ピクチャーズエンタテインメントが2014年11月にサイバー攻撃を受けた。これについて米連邦捜査局(FBI)は北朝鮮の犯行との判断を下している。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。