ソニーが来春スマホゲーム「みんゴル」配信へ

新たなユーザー獲得へ10タイトルを発表

 12月7日、ソニーは来春、スマートフォン向けゲームを配信する。写真は傘下フォワードワークスの川口智基エグゼクティブディレクター。(2016年 ロイター/ Toru Hanai )

[東京 7日 ロイター] - ソニー<6758.T>はスマートフォン向けゲーム事業を加速させる。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)傘下のフォワードワークスは、2017年春に家庭用ゲーム機で人気のゴルフゲームをスマホ向けに移植、来年度中に5─6タイトルを投入する方向で準備を進める。家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」で培ってきたIP(知的財産)を有効活用することで、新たなユーザーの獲得を目指す。

2017年春に投入するのは「みんゴル」。夏にはアクションゲーム「勇者のくせにこなまいきだDASH!」も投入する。7日の記者会見ではこのほか「パラッパラッパー」など合計10タイトルが発表された。フォワードワークスの川口智基エグゼクティブディレクターは会見後、記者団に対し「来年度中に5から6タイトルをリリースしようと準備している」と語った。

ソニーは同日、スマホやタブレットにつなげて遊ぶカードゲーム用装置「プロジェクトフィールド」を開発していると発表。第一弾としてフォワードワークスがゲーム開発のレベルファイブ、バンダイと協業して「妖怪ウォッチ」シリーズを投入することも明らかにした。

スマホゲームをめぐっては、任天堂<7974.T>も「スーパーマリオラン」を15日に配信予定で、家庭用ゲーム機で人気タイトルを持つ大手2社の本格参入により、競争が激しくなるのは必至だ。

 

(志田義寧 山﨑牧子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT