原油先物相場「OPEC減産合意」で8%超の急伸

北海ブレント先物は1バレル50ドルを突破

11月30日、米東部時間午前の取引で、原油先物相場が8%を超える上げとなっている。石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりの減産で合意したことを好感している。写真は2014年10月、米カリフォルニア州で(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 30日のニューヨーク原油市場で、米原油先物が一時10%上昇し、北海ブレント先物は1バレル=50ドルを突破した。石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりの減産で合意したことが好感された。

OPECは産油量を日量3250万バレルに減らすことで合意。クウェート、ベネズエラ、アルジェリアが合意の順守状況を監視することも決まった。

さらにOPEC非加盟の主要産油国ロシアも、生産量を日量30万バレル削減することに合意した。

米原油先物(1月限)<CLc1>は4.21ドル(9.6%)高の1バレル=49.44ドル。一時10%上昇し、2月以来の大幅上昇を記録した。

北海ブレント先物(1月限)<LCOc1>は4.09ドル(8.82%)高の同50.47ドル。2月限<LCOc2>は8.9%高の51.51ドル。

原油価格は月間では5%近く上昇した。

ただ、市場には減産合意の有効性をめぐる疑問が残っており、今回の合意を受けて原油相場がさらに急伸する可能性は低い見通し。また、相場の上昇がすぐに終わる可能性を指摘する声もある。

IITrader.comのディレクター、オリバー・スロープ氏は、過去には減産合意に従わない国もあったと述べ、「どの国が今回の減産合意に従うか見極めるには時間がかかる」と指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT