テレビが「面白くない」のには理由がある

現役番組制作会社スタッフ匿名座談会

Aさん:一方の下請け制作会社の給料は、彼らの半分程度。30代で年収450万円、40代で550万円といったところでしょうか。うちは残業代が出ません。

Bさん:だから30代でフリーになる人も多いですね。フリーで生きていくには、企画力や仕事のスキルもあるけど、何より人脈。なかでも力のある局の社員。何本かレギュラーで入る見込みが出てくれば、フリーになったほうが収入だけならいい。

Dさん:フリーなら15分の特集1本作って40万円くらいがギャラの相場かな。まれではあるけど、テレビ局に出向して、そこで見初められ、中途入社でテレビ局の正社員になるケースもあるね。だけど報道関係は真面目な人が多いから、給料より自分のやりたいことをできる場所を求める人が多い。

Eさん:制作費が下がって、いまでは海外の秘境のドキュメンタリー番組などはまず企画が通らない。テレビを見るのは高齢者が中心だから、どうしてもグルメや旅番組、病気や健康などの情報番組が中心になってしまう。報道やドキュメンタリーの分野で優秀な人はNHKを目指しますね。いまでも予算は潤沢に出ますから。

Dさん:内容や番組によって異なりますが、民放なら15分で100万~150万円、30分で400万円、60分で800万円、120分で900万~1200万円といったところが相場だと思いますが、それがNHKなら1.5倍近い。国際紛争などの硬派なネタも通る。

あまりに過剰な広告主への配慮

Eさん:制作費の問題って、別な問題も生んでいるように思う。テレビの影響力がどんどん小さくなって、CMが売れなくなった結果、起こったのはクライアントへの過剰な気遣い。訴訟リスクがあるものも敬遠される。

Aさん:BPO(放送倫理・番組向上機構)も厳しくなって、この10年で好きなことをできなくなった。よく、芸人の方からは「もっと思い切ったことできないの?」と、愚痴をこぼされます。昔は象を借りてきて、テレビ局の周りをレースさせるなんて企画もあった。僕ら世代がテレビにかじりついて見た「ダウンタウンのごっつええ感じ」なんて、いまではほとんど放送できないでしょう。その点、いまの芸人さんはかわいそうですね。

Cさん:コンプライアンスも年々厳しくなるばかり。「一般の人には全てモザイクをかけろ」と言われ、それで渋谷のスクランブル交差点なんて映したら、ほぼモザイクですよ(笑)。スポンサーチェックも厳しくなるばかりで、ある会社のドキュメンタリーの食番組を制作していたときは、他社商品が映るのはもちろんNGで、食事のマナーが悪いカットもほぼNG。もはやドキュメンタリーじゃない。

Aさん:すべてが悪循環ですね。若者のテレビ離れから、現場を支える意欲ある若手テレビマンがいなくなり、CMが売れなくなった結果、低予算と過剰な規制のなかで番組を作らないといけない。これではテレビが面白くなるはずがない。

Cさん:SNSも一役買っていますね。客席観覧スタイルの過去のバラエティー番組の映像を使いたかったのですが、「観覧の人すべてに承諾をとってください」と言われ、諦めました。スクリーンショットにとられ、拡散されるのが怖いようです。肖像権やプライバシーが大事なのはわかるのですが、行き過ぎると何もできなくなります。

Bさん:テレビ好きにとっては、生きづらい時代になるばかりですね。

(構成/編集部・澤田晃宏、竹下郁子)

※AERA 2016年11月28日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT