J・ビーバー「僕はロボットじゃない」

コンサートを途中退場した理由を釈明

10月31日、英国で先月開いたコンサート中にステージを後にした歌手ジャスティン・ビーバーが、その行動について釈明する動画を交流サイトに掲載した。デンマークで10月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Scanpix Denmark/Jens Astrup)

[31日 ロイター] - 英国でのコンサート中に突然ステージを後にした人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバーが、その行動について釈明する動画を交流サイトに掲載した。

ビーバーはマンチェスターで10月23日に行われたコンサートで、曲の合間に叫ぶのを止めるようファンに懇願した後、マイクを投げ捨ててステージを去っていた。

ビーバーはこれについて、叫び声でファンとのコミュニケーションが難しくなり、フラストレーションから取った行動だったと述べ、ファンに怒ったわけではないと説明。

動画では「僕は人間だし、完璧なふりをしようとは思わない。ロボットじゃないから」とし、「感情的になることも、怒ることも、フラストレーションを感じることもある。ただ、ステージでは常に自分自身でいる。僕は単に、みんなに聴いてほしかっただけだ」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。