J・ビーバー「僕はロボットじゃない」

コンサートを途中退場した理由を釈明

10月31日、英国で先月開いたコンサート中にステージを後にした歌手ジャスティン・ビーバーが、その行動について釈明する動画を交流サイトに掲載した。デンマークで10月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Scanpix Denmark/Jens Astrup)

[31日 ロイター] - 英国でのコンサート中に突然ステージを後にした人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバーが、その行動について釈明する動画を交流サイトに掲載した。

ビーバーはマンチェスターで10月23日に行われたコンサートで、曲の合間に叫ぶのを止めるようファンに懇願した後、マイクを投げ捨ててステージを去っていた。

ビーバーはこれについて、叫び声でファンとのコミュニケーションが難しくなり、フラストレーションから取った行動だったと述べ、ファンに怒ったわけではないと説明。

動画では「僕は人間だし、完璧なふりをしようとは思わない。ロボットじゃないから」とし、「感情的になることも、怒ることも、フラストレーションを感じることもある。ただ、ステージでは常に自分自身でいる。僕は単に、みんなに聴いてほしかっただけだ」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT