J・ビーバー「僕はロボットじゃない」

コンサートを途中退場した理由を釈明

10月31日、英国で先月開いたコンサート中にステージを後にした歌手ジャスティン・ビーバーが、その行動について釈明する動画を交流サイトに掲載した。デンマークで10月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Scanpix Denmark/Jens Astrup)

[31日 ロイター] - 英国でのコンサート中に突然ステージを後にした人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバーが、その行動について釈明する動画を交流サイトに掲載した。

ビーバーはマンチェスターで10月23日に行われたコンサートで、曲の合間に叫ぶのを止めるようファンに懇願した後、マイクを投げ捨ててステージを去っていた。

ビーバーはこれについて、叫び声でファンとのコミュニケーションが難しくなり、フラストレーションから取った行動だったと述べ、ファンに怒ったわけではないと説明。

動画では「僕は人間だし、完璧なふりをしようとは思わない。ロボットじゃないから」とし、「感情的になることも、怒ることも、フラストレーションを感じることもある。ただ、ステージでは常に自分自身でいる。僕は単に、みんなに聴いてほしかっただけだ」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT